やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第45話「銀河無敵の電気男」

第45話です。

地球平和守備隊の秘密兵器工場を襲うイナズマギンガー。サンバルカンが駆けつけますが、バルカンボールが効かない強敵です。

ブラックマグマとの接触を狙っているイナズマギンガーですが、その真意はどこにあるのでしょう。終盤に向けて、敵組織のドラマが描かれていくようです。

サンバルカンとの戦いの様子を見てぜひともイナズマギンガーをブラックマグマに引き入れたいと喜ぶヘルサターン総統に対して彼を知るアマゾンキラーは"銀河宇宙のならず者"、油断ならない相手だと警戒感を露にしています。ヘドリアン女王はアマゾンキラーの進言を受け入れたものの、ヘルサターン総統はどうしてもイナズマギンガーを右腕としたいようです。

一枚岩のようにも見えていたブラックマグマですが、女王とアマゾンキラーは元々ベーダー一族。ここへ来て亀裂が入ってきましたね。

2人の過去が少し回想で語られましたが、アマゾンキラーは山分けするはずだった財宝をイナズマギンガーに持ち逃げされたことがあるようです。
ちなみに、アマゾンキラーはイナズマギンガーをホテルの一室と見せかけた銀河警察の独房へ呼びだして投獄なんてことをしていました。うーん、どっちもどっち!

一方、サンバルカン側はイナズマギンガーにバルカンボールをやぶられたことで、新型のバルカンボールを開発。厳しくなる終盤戦に向けての戦力の強化というところでしょうか。
初めて実戦でニューバルカンボールを受けたのは、イナズマギンガーではなくボクサーモンガーでした。いきなり大技くらっててちょっとかわいそう……。

戦いの後、ブラックマグマ本部に颯爽と現れたイナズマギンガー。彼の真意はともかく、今後ブラックマグマの戦力としてサンバルカンの前に立ちはだかるようです。