やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第44話「大脱走・ヘリ爆破」

第44話です。

新兵器のテストパイロットとして、飛羽の空軍時代の親友・山根が登場します。かつては、どちらがバルイーグルになるかを競ったライバルでもあったようです。
その山根がスパイである疑いが浮上。親友のため、飛羽が奔走するお話です。

平和守備隊にやってくるなり、美佐に言い寄りサンバルカンロボの設計図を手に入れようと試みていた山根ですが、嵐山長官はその動きに気づいていました。山根が設計図を盗み姿を消した際も、あらかじめ偽物とすりかえていたのです。さすが長官、目ざとい。

山根の裏切りに憤る鮫島や豹でしたが、飛羽は「設計図が偽物とわかれば殺される」とむしろ山根の身を案じて救出に向かいます。飛羽さんの器の大きさよ!!かっこよすぎてしんどい。

実は、設計図とひきかえにヘルサターン総統と対面することになっていた山根は、そこでヘルサターンを抹殺する計画を立てていました。ブラックマグマのスパイを装っていただけだったんですね。
作戦がばれてしまい――というか、山根さん自分でばらしてた――ピンチに陥った山根をイーグルが助けたものの、ムササビモンガーの攻撃でバルカンスーツが破損し変身できなくなってしまいました。
破損して爆発しそうなスーツを脱ぎ、爆弾がわりに投げ捨てて攻撃する使い方は斬新。

スーツがなくて変身できないと連絡を受けて、美佐ちゃんがジャガーバルカンで新しいスーツを届けにいくシーンにどこかデジャブを感じたのですが……たぶん新しい顔を届けるバタコさんが頭に浮かんだのですね。

最終的には、山根の真意も皆に伝わり、飛羽とも和解できたのでよかったです。
あと、山根さん死んじゃうんじゃないかってはらはらしていましたが、無事でよかった。割と心配してました。