やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第26話「ハラペコ満腹料理」

第26話です。

ハラペコ菌を含んだ料理を食べさせて人間を「鉄人間」にしようと企むブラックマグマは、政治家やテニス選手などの著名人と共に豹と美佐を晩餐会に招きます。

罠にかかったふりをして招待を受ける豹たちですが、居場所を知らせるための通信機を没収されてしまいました。これでは尾行ができない!とマシンマンたちに聞こえるようわざとらしく苛立ちの声を上げるイーグルに違和感がありましたが、そもそも豹の通信機が囮のようなものでして、実は美佐の靴のヒールに通信機が仕込んであるという二段構えの作戦をしいていたのでした。うーん、クール。

飛羽と鮫島は参加者と入れ替わり登場するのですが、鮫島は女性参加者の姿になりすましていました。ま さ か の 女 装 ! 私勝手にサンバルカンには硬派なイメージを抱いておりまして、女装はないものとばかり思っておりました……。わずかな時間でしたが、女装シーンいただきましたー!

ところで、今回の機械生命体ハラペコモンガーも神がかったデザインです。頭部が鍋、食材の詰まった鍋です。ウインナーの刺さったフォークが飛び出ていて、動くたびに激しく揺れます。正直、可愛いです……!ご存じない方はぜひぜひ画像検索等でご覧になってみてくださいませ。
戦闘中に豹を食べようとするシーンもあり、なかなかのクレイジーっぷりを見せてくれました。たらこをかけた後にきなこをかけるというエキセントリックな味つけにもびっくりです。
しかし、ヒーローを食べようとする怪人といえばバトルフィーバーJ第30話のヘンショク怪人がぶっちぎっていました。

ところで、ブラックマグマは人間を「鉄人間」にしてどうするつもりだったのでしょう?作戦内容がいまいちよくわからなかったのが少々残念です。