やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第22話「東京大パニック」

第22話です。

ブラックマグマが開発を進める「化石化マンガン水」が川へと漏れ出し、偶然付近で釣りをしていたひろみの父親はカブトガニモンガーによって化石とされてしまいました。
帰ってこない父を案じるひろみは美佐や豹たちと捜索に向かいますが、ブラックマグマが研究施設としている洞窟に迷い込んだあげく捕まってしまいます。

そんな中、サンバルカンが化石化した魚を発見し報告したことで川の水質の異常が判明。断水による水不足で東京の街はパニックに陥りました。

サンバルカンと美佐は、洞窟の中でひろみとその父を発見。全身真っ白で化石化していたひろみの父ですが、どうやら元に戻り始めていたようで逃げる際には普通に動けるようになっていました。いや、無事で何よりです。

そして今回のお話の最大の重要ポイントは、洞窟の崩壊に巻き込まれてゼロワンがお亡くなりになってしまうことです。
ゼロガールズの中でも常に作戦の進行を取りしきりリーダーシップを発揮していたゼロワンは、特にセリフも多く目立った存在でした。
そして、ぱっと見では分かりづらいかもしれませんが、彼女の衣装は脇腹のあたりが大胆に露出していまして、かなりセクシーです。実際「え、ここまで見えちゃって大丈夫!?」というシーンもございました😳ポジション上「女性幹部」ではないかもしれませんが、戦隊史に名前が刻まれる素敵な悪の華です。
ヘルサターン総統も、ゼロワンを失ったことをしっかりと惜しんでいましたね。悪のボスといえど部下を大事にする姿勢を見せてくれるキャラには、やはり魅力を感じます。