やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第21話「潮風がはこぶ愛」

第21話です。

沈没船の財宝を狙うブラックマグマは、第一発見者である海女の村上波子とその弟ひろし少年に近づきます。大金をちらつかせて船の場所を教えるようそそのかしますが、生真面目な波子は断固拒否。ゼロガールズたちからいたぶられる姉弟を助けたものの、貧しい生活を嫌うひろしは姉に対する反発心からブラックマグマに沈没船の場所を教えようとしてしまうのでした……。

今回のお話は海辺が舞台だからか、男性陣3人の中では鮫島およびシャークの活躍がめだっていたようでした。というか、ここ数話鮫島がフィーチャーされる回が続いているような……?

イソギンチャクモチーフの機械生命体イソギンモンガーも、いい具合に海辺感が出ていました。イソギン毒水とかイソギン蹴りとか、技に何でも「イソギン」ってつける可愛いやつです。
触手で相手の動きを封じる能力もあったみたいなのに、サンバルカンに対しては「イソギン3本ロープ!」ってロープ出してたのには思わず笑ってしまいました。そこは触手じゃなくてロープなのね。

最終的には波子とひろしも仲直りできましたし、夕日きらめく波打ち際で6人がたわむれるきらっきらした画で終わります。強烈な「青春の1ページ」感がいっそ清々しくて好き……。