やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

太陽戦隊サンバルカン 第16話「悪魔が校庭を走る」

第16話です。

ヘドリアン女王の発案で、子供たちにサンバルカンは悪だと教え込む「視聴覚教育作戦」をはじめたブラックマグマは、トビバコモンガーを誕生させました。
更に、大村先生を捕らえ彼女の姿をしたダークQを送り込むと、サンバルカンが一般市民を襲う映像を見せて子供たちにサンバルカンへの敵対心を植えつけていきます。
サンバルカンが子供たちから物を投げつけられるシーンは、何だか胸が痛みますね……。

大村先生を演じたのは、私のゴレンジャーでの推しキャラ陽子ちゃん役でおなじみ鹿沼えり(現:鹿沼絵里)さんです!やはりお美しい……。
そして、どことなく美佐役の根本由美さんと顔の系統に共通点があるような(目元かな……?)。

とび箱に擬態していることも多かったトビバコモンガーですが、頭部がとび箱でお腹や背中部分にマットを敷いたようなデザインになっているのがツボでした。とび箱といえばマットですもんね、懐かしい~。

子供たちの前でダークQの正体を暴いたおかげで、やはりサンバルカンは正義のヒーローだと証明できたのは良かったですが、皆で踊るサンバルカン体操はちょっとシュールでした……!何だか癖になりそうです……。