やっぱり戦隊が好き

Love Super Sentai, after all!

電磁戦隊メガレンジャー 第26話「ホントか!? ネジレジアの最期」

メガレンジャーは、ネジレジアから逃げてきた南波博士を保護します。博士は捕らえられていたあいだにネジレエネルギー中和装置を開発していました。宇宙通信センターのアンテナを利用すれば、ネジレジアを退けることができるかもしれない、と期待が高まる中、耕一郎はひと月ぶりに再会するはずの妻子を追い返す南波博士の異常さを訝しがります。

赤ちゃんを連れた南波夫人とセンターの中を探っていた耕一郎は、同じく単独で潜入していた裕作と遭遇。南波博士がセミネジレに憑依されていたことを知るのでした。

ネジレエネルギー中和装置の開発は嘘。宇宙通信センターのアンテナから放出される超振動波で、人間たちの脳を破壊しようというネジレジアの企みでした。
最初からすべて演技だったという、ギレールらしくいやらしい作戦です。落ち着いて考えてみれば、捕らえられているあいだに中和装置を開発していたという時点でなんだかちぐはぐなんですけれども。

追っ手から身を潜めるも、泣き出してしまう赤ちゃんに苛立つ耕一郎。軽い態度の裕作にも怒りを隠せませんが、赤ちゃんをあやし泣き止ませた姿を見て、少し考えが変わったようです。

超振動波を発生させるシステムを止めようと、セミネジレをぶちのめしてセンターを覆っていたシールドを破壊させる耕一郎と裕作の共闘シーン。シールドのせいでメガスーツが転送できない設定なので、おのずと変身前の姿でのアクションになるわけでして……二人ともスタイルがよくて見栄えがいい~👏

戦いのあとは久保田博士から早く開発業務に戻るようお叱りを受けてしまう裕作ですが、久保田博士の態度も少しばかり柔らかくなっているみたいでした。

なにより、耕一郎の態度の軟化が一番激しい!ただ遊びで戦っているわけでないことがわかったからって、いきなりデレすぎていてちょっとびっくりでした。呼び方も「早川さん」から「裕作さん」になってたし。耕一郎、お前はそれでいいのか……?

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます😊