やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

ジャッカー電撃隊 第21話「バラ色の野球時代!! クライムの強打者」

第21話です。

野球大好きな機械怪物デビルバッターが登場します。野球が好きなだけで能力が低いためクライムを追放されてしまったというデビルバッター。ジャッカーも最初は疑いますが、熱心に練習や仕事に取り組む姿を見て次第に情がわいてきてしまいます。

結局のところ、やはりまじめな野球大好きキャラは演技で、国際科学特捜隊の支部に潜り込んで原子炉を爆破するのが目的だったようです。初めから自爆覚悟での作戦だったのでしょうね。まじめで一途な性格自体は、演技ではなかったのかもしれないなぁ……。

ところで、数話前にも野球がテーマのエピソードがありましたが、割と短いスパンでまた野球ネタです。やはり時代でしょうか。

ちなみに、デビルバッターの声を担当されたのは、永井一郎さんでした。野球仮面からの流れだったのかなぁ、などと考えてほっこりしました😊