やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

ジャッカー電撃隊 第16話「黒いベースボール!! 襲撃する魔球」

第16話です。

東がコーチをつとめる少年野球のチームを軸に話が進んでいきます。

強豪チームに大敗してしまい落ち込んでいたピッチャーの少年・次郎に近づくクライムボスは、クライムがコントロールできる魔球を手渡します。そのボールを使って、練習中に東を負傷させ、桜井たちも次々と襲ったのでした。

ボールのことを正直に話す次郎でしたが、チームで使っていたボールは魔球に入れ替えられ、ジャッカーや子供たちを見境なく襲い始めます。

スカイエースで現場へ向かった桜井でしたが、デビルボールの攻撃を受けてハッチが開かず、他の3人がチェンジできない、という場面がありました。やはりこういうときに変身アイテムを使わない変身は苦労してしまいますね……。

戦闘シーンでは、デビルボールが大きなボールに変形したので、ジャッカーコバックの際に全員バットを手にしてかっとばすという様子のおかしなことになっていましたw

メンバー同士のささいなやりとり然り、スタート時と比べるとかなりコメディ描写が増えている印象があります。

ラストも、東の指導するチームが勝利を収めて大喜びするシーンで明るく終わっていました。ジャッカーだって暗い話ばかりじゃないんだぞ。