やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

秘密戦隊ゴレンジャー 第42話「黒の鉄人死す! さらばバリブルーン」

第42話です。
サブタイトルからわかるとおり、鉄人仮面テムジン将軍の退場回です。

ゴレンジャーのもとに届けられた新しいドリルミサイルで、バリブルーンがより強化されると喜ぶ一同。特に新命さんは、相棒の強化にご満悦でうきうきしていて微笑ましいです。

一方、悪夢にうなされるほどに追い込まれた鉄人仮面は、総統が自分以外の軍団も頼みにしていることを知り、更に焦ることに。コンドラーで空襲を開始しますが、バリブルーンとの激しい空中戦の末、冒頭で登場したドリルミサイルを発射され、密かに建造していた地底ミサイル基地を爆破されてしまいました。ますますいいとこなしです
後がない鉄人仮面は、ついに総統から火の山仮面マグマン将軍との共同戦線を命じられました。その指示を頑なに拒み単身飛び出していく鉄人仮面に、かつての冷静沈着な将軍の面影はありませんでしたね……。憐れじゃ……。

ただ、戦闘においてはある程度強いことに変わりはないので、ゴレンジャーとの最後の戦いでは、ゴレンジャーストームを凍結させ二度も防ぐなどしていました。さすが将軍です。

凍結したゴレンジャーストームを体にくっつけたままバリブルーンに乗り込み、ゴレンジャーに突っ込もうと目論んだ鉄人仮面でしたが、アオにバリブルーンの制御を奪われて特攻することもかなわず。更に機内の温度が上がったことでゴレンジャーストームの凍結が解け、バリブルーンもろとも爆散しました。
バリブルーンを道連れにしたことについては総統から評価されていましたよ、鉄人仮面……。

バリブルーンを失った哀しみにくれるゴレンジャー……と思ったら、余韻に浸る間もなく新しい空の要塞・バリドリーンがやってきました。新戦力の登場には間髪入れないスタイル!もう少しもったいぶってくれてもよかったんですよ……?

そういえば、ラストのナレーションで、火の山仮面のことを「第2の幹部」と説明していたのですが……日輪仮面って幹部じゃなかったの!!?
何気にそこがいちばんの衝撃ポイントでした。