やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

秘密戦隊ゴレンジャー 第40話「紅の復讐鬼! 地獄のモモレンジャー」

第40話です。

今の感覚だともう終盤だな、と思ってしまいますが、ゴレンジャーは2年間の放送ですから、まだまだ中盤ですね。

黒十字軍に「アラビア砂漠の魔王」の異名をもつ鉄カゴ仮面がやってきました。テムジン将軍にこれまでの作戦が悪い、とつっかかっています。こういうタイプは久しぶりですね。異名もついているので、幹部クラスの実力者なのでしょうか。

鉄カゴ仮面は、パトロール中のペギーを狙い、「ゴレンジャーは敵、ゴレンジャーを憎め」と催眠をかけます。
仲間たちから声をかけられても返事ひとつせず、戦闘になっても転換(=変身)もしないペギー。お人形さんのようです。…真顔でいると造形の美しさが際立つんですよねぇ…ほんとに美人さんです。

ペギーを連れて一時退却を試みたゴレンジャーですが、バリブルーン内でペギーが爆弾を爆発させてしまいました。それも鉄カゴ仮面の作戦のうちだったようです。
ゴレンジャールームで正気を取り戻すも、転換ができないペギー。他の4人が鉄カゴ仮面の襲撃現場へと出動していく中、転換のため精神を統一させようと必死で訓練をするペギーですが、なかなか成果が出ません。もうダメ、と嘆く姿も、痛々しいけど美しいです。

そうこうするうちに、思いつめたペギーは単身黒十字軍の基地へと乗り込みました。
そこで突然の能の披露。能……?なかなかの超展開で、おもしろいと思います。
ひとしきり舞ったペギーは、身につけた時限爆弾を露にして、総統に攻撃をしかけました。勇ましいです。ただ、総統はどうも実体がないようでダメージを与えられず、逆にペギーは牢へと捕らわれてしまいました。火炎攻撃も迫りピンチに陥りますが、まだ転換はできません。
その後、駆けつけた仲間たちの呼びかけで、とうとう転換ができ、牢からも脱出することができました。

5人そろったのであとはもう安心です。今回のニューパワー作戦は「手まり」らしいです。手まりが鉄カゴ仮面の頭部にはまってとれず、そのまま爆発するという、なんとも言えないシチュエーションでした。

ペギーがひたすら苦しんで、がんばったお話でした。ゴレンジャーの変身は「転換」というんだなぁ、と何度も何度も刷り込まれた回でもあります。転換プロセスで高圧の電流が流れるからそれに耐えるために精神統一が必要、とか初めて聞いた気がします。
そういえば、鉄カゴ仮面は「アラビア砂漠の魔王」という異名があるくらいだったので重要ポジションかと思いきや、普通のゲスト怪人でした。そういうこともあるのですねー。