やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

秘密戦隊ゴレンジャー 第38話「青い断崖! 悪魔の海賊宝さがし」

第38話です。

黒十字軍に追われている男から、突然地図を押しつけられて受けとるペギー。男は撃たれ、ペギーに日時を言い残して息絶えてしまいました。そこへ地図を持っていけ、ということですけど、確実にいい迷惑ですね。受けとったペギーがゴレンジャーでよかったです。
地図を狙っていた黒十字軍は、取り返そうと策を練ります。どうやら、次の作戦に必要なものの場所が示されているようです。

指定の場所であるホテルの一室を訪ねるため、米子へ向かう一同。東京からだとなかなかの距離ですね。岡山で乗り換えてからも意外と長いんですよね。米子、からの境港へ行きたいです。
鉄道で現地入りしたゴレンジャーたちに対して、高速バスで米子へ向かう謎の応援団風の男たちも描かれます。ひときわ体格のいい、リーダー格の男が新堀さん…w 迫力があります!

明らかに怪しい応援団風の男たち――正体は黒十字軍。新堀さんは海賊仮面でしたw――は、ゴレンジャーが本来の待ち合わせ場所とは違う部屋に誘導して閉じ込め、眠らせてしまいました。
ペギーが指定の部屋を訪ねると、黒潮十兵衛という人物が。地図を託して殺されてしまった男の弟だそうです。
それぞれの持っていた地図を合わせ、何かに気づいた様子の十兵衛は、黒十字軍に狙われていることを知りながらもゴレンジャーの協力を拒みます。先祖の残した宝を独り占めしたいオーラがびしばし出ていますね。

一方、眠らせた黒十字軍の様子を確認するため部屋へ入った海城たちでしたが、なんと海賊仮面だけは起きていました。さすが、雑魚とは違います。
何やかんやで十兵衛の地図は奪われてしまい、黒十字軍もゴレンジャーも地図に示された場所へと向かいます。おそらく日御碕と言っていたかと思います。昔の作品あるあるな気がしますが、えらく具体的な地名出てきましたね…w

指定の場所にはとてもわかりやすい箱が置いてありました。先祖の宝わかりやすすぎ問題。そこでの戦闘で海賊仮面はやられてしまうわけですが、その様子を遠くから「海賊仮面らしい最期だったな…」と若干岩場でかっこつけながら見守るテムジン将軍が、なんだかツボに入ってしまいました。いや助けたれよ、と

わかりやすい箱を独り占めしようと抱えた十兵衛は、箱ごとふわふわ宙に浮いてしまいました。箱の中には隕石が。黒十字軍が重力兵器をつくるために必要なものは、これだったようです。
結局隕石はふわーっと飛んでいって日本海に沈んだようですが、テムジン将軍は作戦のため隕石を狙っています。どうやら次回に続くようです。

なんだか山陰へ旅に出たくなる回でしたー。諸々状況が落ち着いたら、行きたいなー。