やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

秘密戦隊ゴレンジャー 第32話「青い熱風! バリブルーン応答なし」

第32話です。

イーグルとゴレンジャーの定期実戦訓練が行われています。その様子を盗み見るゾルダーが、邪魔な枝があるとぼやくとそれを切ってくれる大ナタ仮面が今回のゲスト怪人。
実戦訓練を指揮していたイーグルの偉い人・秋月は黒十字軍のスパイだということが、視聴者には早々に明かされます。イーグル内で結構なポジションについているようですが、そんな地位の人物がスパイって…イーグル本当に大丈夫でしょうか。だいぶずぶずぶではないでしょうか。心配が止まりません

鉄人仮面テムジン将軍(今回は「テムジン将軍」と呼ばれていました。呼び方定まらないのでフルネームで書いてやる)たちは、バリブルーンを新命ごと奪って世界主要都市に爆撃する計画を立てています。
実戦訓練でバリブルーン操縦のため単独行動となる新命に、本来の指示とは違う偽の待機ポイントを伝える秋月。不思議に思うも、偉い人からの指示なので従った新命は、バリブルーンごと捕らわれてしまいました。そして秋月の正体がスパイだと知ることとなります。

今回は、話の中盤でスナックゴンのシーンがありましたが、九官鳥のゴンが初登場しました。突然の九官鳥…。

捕らわれた新命は、諸々の事情から仲間の命を救うために洗脳手術を受けることとなります。催眠装置をとりつけられて、バリブルーンの操縦をさせられそうになる新命ですが、わずかに意識が残る中で自らに電流を通し、そのショックで催眠から逃れました。新命さんかっこいいー!

バリブルーンに乗った新命が、ここぞとばかりに敵アジトを破壊しまくるシーンは、BGMの「とべ! バリブルーン」も相まって最高オブ最高にすっきりするシーンとなっております。

枝を切ったりナタを投げまくったり分身したりとトリッキーな戦法を披露してくれた大ナタ仮面も、ゴレンジャーストームニューパワー作戦・薪割りで撃破されました。
ボールが薪に変わって、それを割ったら爆発、というやつです。明らかにそれ割ったら爆発するでしょー、と思いましたが、ナタの本能には逆らえなかったのでしょう。なんだか憎めないやつでした。