やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

秘密戦隊ゴレンジャー 第14話「赤い棺桶! ドクロ屋敷の怪」

第14話です。

ドクロ仮面の入った棺桶が運ばれてくるシーンからスタート。ちょっと不気味な映像なので、小さい頃に見たら怖かっただろうなぁ。ドクロ仮面のビジュアルも、目がらんらんとしておどろおどろしいので、お子さんに怖がられそうです^^
今回は、高名な科学者を洗脳してアジトへ誘い出した上、ドクロ仮面が本人に化けて各職場へ行き悪さをする作戦。

科学者たちが狙われていることを警戒し、白滝博士をガードしていた海城・ペギー・大岩。博士宅に届いたパーティーの招待状のレコードで、博士を催眠状態にして誘い出そうとしていたことに気づきました。
その目論見は防げたところで、何かを思いついてにやにやしながら大岩を見る海城。いやーな予感におびえる大岩。海城が思いついた作戦は、大岩を白滝博士に変装させて、催眠状態にかかったふりでドクロ仮面のもとへ向かわせることでした。
まあ、背格好とか考えれば妥当な人選だけど、海城さん鬼ですよねw

ドクロ仮面の元へ向かった大岩でしたが、結局正体はバレていて捕まってしまいました。まあ、そうでしょうな…。
そこには、既に催眠状態で牢に入れられている科学者たちが数人。そんな中、ドクロ仮面が1人の博士になりすまし、人工地震を起こして日本を壊滅させてやるぞ計画にうつります。
海城・ペギー・明日香も駆けつけますが、ドクロ仮面を急いで追わねば…というところに、バリブルーンで颯爽と登場する新命。うーん、美味しい。知ってた。

ドクロ仮面に追いつき、取り囲むゴレンジャー。5人そろってるから大丈夫なはずです。
ドクロ仮面、地面から出現させた棺桶に入ると力が増幅するそうなのですが、棺桶に入った瞬間「よし、高性能小型ミサイルだ」ってブルーチェリーで棺桶にミサイルぶっ込まれていて憐れでした。
ゴレンジャーストームを一度蹴り返すなど、奮闘もしましたがあえなく爆散。戦況を観ていた黒十字軍の総統からは「自信過剰だ!」などと叱責されてしまいました。えっ、かわいそう…。

続けて見ていると、怪人たちの戦いぶりにも愛着がわいてしまいますね。