やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

大戦隊ゴーグルファイブ 第33話「シーザー大爆破?!」

第33話です。

トラモズーに襲われる異国の男性ラムダスをミキが助けたことから、パルジャ国に伝わる2つの腕輪をめぐる騒動に巻き込まれていきます。

天の腕輪と地の腕輪、両方を身につけると不老不死になると言われる腕輪を手に入れ、爆弾ごとトラモズーをゴーグルシーザーに特攻させることが今回のデスダークの狙いなのですが、ちゃんと不老不死の状態にしてから特攻させるの敵組織ながら優しい……!(たぶんポイントはそこじゃない) ブラックな組織なら、命を落とすのを承知の上でつっこむよう命じられそうです。

今回はミキちゃんのメイン回のようで、序盤でトラモズーからラムダスを助けたシーンでばっきばきに戦う姿がかっこよかったです。見た目のキュートさと裏腹に、すごく凶暴な声で戦うミキちゃんほんと好き……(※全力でほめてます)。

身につけた者を不老不死にするという腕輪の力を解くため戦いを4人にまかせてラムダスのもとへ向かったり、言い伝えの内容から腕輪の力を無効化するヒントを思いついたり、ミキちゃん大活躍でほっくほくです。

トラモズーを倒した後には、空にデスマルク大元帥の姿が浮かびゴーグルファイブに宣戦布告するシーンもあり、ちょっとだけ普段と違う緊張感の漂う展開でした。ああやって敵の幹部やボスがお空にイメージ映像として現れてヒーローたちに話しかけるの、いかにも特撮感があって割と好きだったりします。