やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

大戦隊ゴーグルファイブ 第5話「悪魔がひそむ昔話」

第5話です。

春男くん、がんばる

春男くんがいつも公園で見かける紙芝居のおじいさんが、デスダークにさらわれる事件が発生。どうやら紙芝居で語られるだいだらぼっちの昔話の中に、デスダークの欲している情報が隠されているのだとか。
コンボイの中では末っ子ポジションで、ひときわ幼さがめだつ春男くんですが、おじいさんに一般人のふりをして近づいた女性がマズルカだと気づき、皆に知らせにいったのはお手柄でした!

オロチの伝説とその正体

デスダークが求めていたのは、オロチの伝説に関する情報でした。結局その正体は、オロチ岩と呼ばれる大きな岩をどかした際にふき出した有毒ガスでしたが、力自慢のゴーグルイエローが岩を元に戻したので事なきを得ました。
もしかして:紙芝居の内容はあまり関係なかったのでは……??

コングの路線変更

これまでのデスダークの戦力は、等身大の怪人・モズーと巨大ロボット・コングが全く別の個体として登場していましたが、この回からモズーとコングが共通のモチーフに変更。上半身は共通の造形物、下半身のみコング用の造形物に置き換えられるスタイルになりました。
やはり、全く別の造形物を2体準備するのは大変だったのでは……と想像してしまいます。

* * *

戦いの後には、春男くんをはじめコンボイの5人が紙芝居を見におじいさんのもとを訪れるほっこりとしたシーンも見られました。
全体を通して春男くんが目立っていた回のようでした。春男くん回だったのかな。