やっぱり戦隊が好き

Love Super Sentai, after all!

星獣戦隊ギンガマン 第四十九章「奇跡の山」

ゼイハブの倒し方をヒュウガに伝えたブクラテスが自爆で最期を遂げたり、ハヤテとの勝負にこだわっていたシェリンダが一騎打ちに敗れ爆散したりとバルバン側の幹部が次々と退場していきます。バットバスも急成長エキスごと地球魔獣に喰われるという、ある意味一番壮絶な最期だったかも。

成長した地球魔獣を手に入れるべく、ゼイハブが動きます。……というか、もう船長しか残ってないんだな……。

ずっと幼体のまま地中を移動していた地球魔獣も、やたらと大きく禍々しく育ってしまいました。魔獣を倒したあとにまた星が汚されないよう、破片も残さず焼き尽くさなければいけないそうです。厄介ですね……。

ヒュウガもリョウマたちに合流してくれましたが、彼は彼でゼイハブを倒すという役割をごりっごりに背負ってしまっているので……とにかく皆に課せられた戦いが重い……!本当にあと一話でおさまってくれるのか、と心配になってしまいますが、残すところは最終話のみ……😯戦いの行方を見守りたいと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます😊