やっぱり戦隊が好き

Love Super Sentai, after all!

星獣戦隊ギンガマン 第二十五章「黒騎士の決意」

バルバンへの復讐にとらわれた黒騎士は、火山の火口からエネルギーを送り地球を破壊しようとします。なんか昭和の敵がやりそうな作戦だよ、黒騎士……。

そんな黒騎士が、自らが戦うためにヒュウガを利用していたことをリョウマに明かしました。黒騎士を殺せばヒュウガが帰ってくるかもしれないという状況で、リョウマは「貴方を殺して助け出しても兄さんは喜ばない」と戦いを拒みます。本当は助けたかったんだろうけどな……。黒騎士の元から立ち去るときに、一度立ち止まってしまうのが、リョウマのためらいがよく表れていてとても良かった……。

魔人ワンガワンガを倒したものの、憎しみの魂を集めた槍が火口へと落ちてしまい、地球は爆発の危機に。それを救ったのは黒騎士でした。

今わの際に黒騎士が弟クランツの幻を見るシーンがとっても切ないし、ついていきたそうなゴウタウラスには地球で仲間を見つけるよう言い残していくのもたまらない……。本来は優しい人なんですよね……。

そして、ラストには黒騎士から体を解放されたヒュウガとの再会が待っています。皆が次々と駆け寄りますが、リョウマがなかなか動けず最後に泣きながら抱擁するっていう反応が、なんだかとってもリョウマらしい気がしました。この再会シーンは泣きます……。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます😊