やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

科学戦隊ダイナマン 第49話「カー将軍の最期」

第49話です。

もうサブタイトルからして何が起こるか明白で哀しいんですが、観るしかないんですよねぇ……。

コンピュータードラゴンとダイナマンとの戦いの最中、夢野博士のもとへカー将軍からの通信が入りレトロ遺伝子をつくるよう脅されました。レトロ遺伝子をつくれば、十本尻尾となった帝王アトンが超魔力を得てしまいます。悩んだ末、博士は敵の懐で自爆する決意を胸に秘めて基地を去るのでした。

f:id:minmi0910:20210916070618j:plain

悲壮な表情が胸にしみるシーンです……。

夢野博士の奪取に成功したと思いきやアトンのもとに届けられたのは偽物、ということでゼノビアの罠にはまって謀反の疑いをかけられてしまったカー将軍は、潔白を示すためダイナマンとの戦いに挑みます。
前から薄々思ってたけど、アトン様割と流されやすいよね……?

ちなみに、メカシンカ・コンピュータードラゴンはドラゴンがモチーフだけあってとっても強そうだったんですが、ダークナイトにあっさりと倒されてしまいました。もったいない……!

ダイナマンとの戦いに挑んだカー将軍は、ニュースーパーダイナマイトで大ダメージを負いながらも帰還。コンピュータードラゴンへのビッグバンビームを起動させた後に息絶えました。最期まできっちり仕事するカー将軍。本当にできる幹部でかっこよかったです。

今回ジャシンカ側のことばっかりですねw