やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

科学戦隊ダイナマン 第13話「さらわれた花嫁」

第13話です。

花嫁がカエルシンカにさらわれる事件が次々と発生。ジャシンカ帝国は、7人の花嫁を集めて不老不死の霊薬をつくろうと企んでいたのでした。カエルシンカと接触するべく、レイは花嫁に変装し囮となる作戦に出たのです。

* * *

そんな感じの、レイ主役回。そしてウェディングドレス回です。
わーい、レイちゃんの花嫁姿が見られるぞー! なんてのんきに構えていたんですが、それどころか単身敵のアジトへ乗り込み、ジャシンカ帝国の儀式をぶち壊し、捕まっていた花嫁たちを逃がしつつ大立ち回りをする、レイ様無双状態な回でした。うぅぅ、はちゃめちゃにかっこいい!!

これまでの作品のヒロインももちろんかっこよく戦っていましたが、どこか儚さというか危うさみたいなものを感じていました。1人で戦っていると助けてあげたくなっちゃう、というか。
でも、レイの戦っている姿は安心感があって、なんというか頼もしい!強く可愛くかっこいいって最高ですね!

夢野博士がさりげなく独身アピールしていたのはちょっと引きましたけど……w