やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

科学戦隊ダイナマン 第9話「決死の爆弾レース」

第9話です。

子供たちにせがまれてモトクロスレースに出場することになった弾ですが、その情報を聞きつけたメギド王子が動き出しました。
時速20km以下になったらバイクに取りつけられた爆弾が爆発するという緊張感の中、走り続ける弾と爆弾を外そうと体を張ってくらいつく星川の壮絶な姿が見どころな回です。

* * *

戦隊あるあるな"走り続けないと爆発する"やつだ!と思わず興奮してしまいましたが、もしやこれがシリーズ初出でしょうか。歴史の始まりを目にした心持ちです……!

件の作戦を思いついて、自分がやるとうっきうきでアトン様に申し出るメギドがかわいいし、お手並み拝見と冷ややかな視線を投げるキメラもかわいい。2人まとめてほほえましい!!ジャシンカ帝国最高かよ……!

冒頭でも少し触れましたが、弾さんのバイクにつけられた爆弾を外そうと、星川さんが大奮闘します。
バイクに飛び乗ったり、島の運転で並走しながら工具で外そうと試みたり、バイクにしがみついて引きずられていたり……待って待って、だいぶ危ない。
弾を死なせてなるものか、ととにかく必死な星川さんがかっこよかったです!!

サソリシンカを倒した後レースに復帰した弾さんが、遅れを取り戻して優勝してしまったのはいくらなんでも速すぎでしょってつっこみたくなりますが、皆楽しそうだったので万事OKです。