やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

電子戦隊デンジマン 第39話「女王怒りの妖魔術」

第39話です。

他人を不幸にすることを目的とする妖魔術の会に、身近な人への恨みを抱いた人間が集まります。アクマラーを象った十字架を持った人が相手への恨みを口にすると、その声がヘドリアン女王に届き呪いが実行されるというシステムのようです。
そして、会の様子を探りに行った赤城も妖魔術にかかってしまいました。

デンジランドへ戻ってきた赤城を見るや、妖魔術にかかっていると見破ったアイシーはあいかわらず優秀!できるロボット犬です(しかももふもふ)。
赤城を感電させて元に戻した後、術にかかったふりをして反撃を試みるデンジマン。十字架が通信機になっていることを利用しているため口に出しての説明はできないのですが、意思疎通ができるところはさすがですね。

巨大戦ではヘドリアン女王の妖魔力パワーでダイデンジンごと苦しめられるシーンもあって、「これは女王強すぎやろ……やばい……」と思いましたが、「デンジ魔力落とし」であっさり振り切ってました。ダイデンジンはほんとになんでもできるな!?