やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

電子戦隊デンジマン 第20話「ゴリラ少年大暴れ」

第20話です。

世が世なら物議をかもしそうなサブタイトルですね。
謎の赤い花の蜜を口にしたおかげで超人的な力を得た茂少年が、今回のお話の中心です。運動が苦手、というか動くこと全般が好きではなさそうだったのに、いきなりアメフトをプレーしたり、車を押して動かしてしまうような怪力を発揮したり、と大暴れです。
しかし、その花の蜜はハチドクラーの成長のために必要だったため、茂はベーダーに狙われることになりました。しかも、蜜には毒が含まれていたようで、高熱が出るなど体にも異変が……。

デンジマンがハチドクラーを倒した後には、体も元通り。異常な力を出していた時のことは覚えていないようでした。
三太くんたちと一緒にへろへろになりながら赤城の空手教室で稽古をする羽目になった茂でしたが、結局世の中には何もしないで強くなるなんてうまい話はないぞ、というストレートなメッセージですね。
そういえば、数話前に源一くんが北海道へ引っ越していったので、アスレチッククラブに通うおなじみの5人組少年少女が4人になっていたんでしたっけ。あまりにも本筋と関係なくさらっと引っ越していったので、記すのを失念していた気がします。

今回はアクション時にEDテーマがかかっていました。デンジマンのEDは渋くて大好きなのですが、2番を流していたのでそのチョイスがまた一層渋い……とによによしてしまいました~。