やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

電撃戦隊チェンジマン 第7話「悲しき宇宙獣士!」

f:id:minmi0910:20211117144150p:plain

「アトランタ星の悪魔」と呼ばれる宇宙獣士デモスが登場。
地球人と変わらない姿で剣に近づき、チェンジマンの壊滅を狙います。

* * *

今回登場したデモスは、バズーに征服されたアトランタ星の出身です。名前から察せられるとおり、その先祖は古代の地球に文明をもたらしたんだとか。見た目は地球人とほぼ同じですね。
(銀色全身タイツの服装は個性的だったけど。いや、それは地球人の価値観か……)

そんなデモスがゴズマの一員として戦うのは、故郷アトランタ星のため。星王バズーに敗れた星の者は、宇宙征服の戦いに加わらなければ自分の星を滅ぼすと脅されているのです。

デモスからアースフォースのような力を感じて(アトランタ星なので、アトランタフォースらしいです)心魅かれていた剣でしたが、地球を守ることに命をかけるチェンジマンとしては、デモスを倒すしかなかったのでした……。

あああああ、哀しいいいいい!!!

7話にしてこんな重い話もってこないでえええええ!!!

もし星王バズーとの戦いに敗れると、チェンジマンも宇宙獣士として他の星への侵略にかり出されることになる……と超絶シビアなこともさらっと語られていました。
重い……重いよチェンジマン……!!

そもそも、ギルーク司令官だって星王バズーとの戦いに敗れた人なんですもんね……。もうさ、皆で力合わせてバズー倒そう?? それじゃダメなんです??