やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

電撃戦隊チェンジマン 第3話「スクラム! 戦士団」

f:id:minmi0910:20211112134917p:plain

ギルーク司令官が、自らが呼び寄せた宇宙獣士ゾビーの首を切り落とす衝撃のシーンから始まる第3話。チェンジマン、割とトラウマを植えつけられそうな映像多いですね。容赦ないです。そんなところも癖になる。

首を落とされたゾビーの体は、首に居場所を示すために大暴れをし、首の方は惑星ギラスの世界をつくり出して体を呼び寄せるんだとか。首を切り離されてから活躍するという個性的な怪人です。

被害の範囲も広がるし、チェンジマンの戦力も分散させられるので、厄介な相手ですね。まだ序盤なのに、容赦ないです。

* * *

今回は、ゾビーの首が体に戻ろうとするのを邪魔するブーバを止めるべく、剣がオートチェンジャー(バイク)の改造を試みます。が、それを制止したのがメカニック担当の猪熊隊員です。はじめは対立していましたが、剣の意を汲んで愚痴をこぼしながらも黙々と作業する猪熊の姿を見て剣の意識も変わったようでしっかり和解。猪熊だけでなく、サポートの隊員たちの支えにスポットが当たったお話でした。
あああ、そういうお話好きですーーー!!!

オートチェンジャーの改造の成果もあって、ゾビーを無事に退けることができました。
戦いの後には、チェンジマンの5人が豪華な食事でねぎらわれるシーンがありましたが、いくら戦士団の隊員たちに支えられているとはいえ、ずらーっと並んだ隊員たちに見られながらの食事はちょっと落ち着かないんじゃないでしょうか……(笑)。

剣たち5人のプライバシーの守られ具合が、ちょっと心配になってきました……!