やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第37話「殺し屋シルバ!」

f:id:minmi0910:20211026110155p:plain

今日のおはなし

今回から、第三勢力としてバイオハンター・シルバが登場します。デザインがかっこよくて、今でも人気が高い印象のキャラです。

シルバは、バイオ平和連合に対抗した組織・反バイオ同盟軍がつくりだしたロボットです。バイオ粒子反応をもつものを全て破壊することが目的なので、バイオ粒子反応をキャッチしてバイオマンたちにも襲いかかります。

シルバの登場でトラウマ発動してしまったピーボは、恐怖で錯乱状態に。
そんなピーボに「いくじなし!」とひかるの平手打ちが炸裂したシーンが見事でした。
(ピーボがかたいので、ぶったひかるもちゃんと痛そうにしていたのが可愛い)

怯えるピーボに対して「私たちを戦士に選んだのは誰よ!?」と一喝。ほんとにな。
宿命だ、立ち向かえ、って散々言ってたもんねw

ひかるの言葉で落ち着きを取り戻したピーボは、腹を括って戦いに臨みます。

地球をバイオ星のようにしてはいけない、とバイオマン&ピーボが改めて決意を固めるお話でした。

今日のつれづれ

かつてのバイオ星で、バイオ粒子エネルギーを平和利用しようとしていたバイオ平和連合。ピーボはそこで助手をしていたそうですが、その組織が兵器をつくっていると思い込み、対抗してきたのが反バイオ同盟軍だということで。

いや、思い込みだけで星ひとつ滅ぼすほどの戦争起こすなよ……と思っちゃいましたが………うーん、現実も大差ないかも( ˘ω˘ )
相互理解っていつの時代もどの世界でも難しいのですね。

* * *

シルバのもつバイバスターは、かつてドクターマンがつくったバイオキラーガンよりも更に強力だという話の流れで、命を落としたミカの話題が出てきました。

ミカのことを思い浮かべて辛そうに顔をゆがめる郷さんたちのシーンにぐっときました。ミカを忘れないでいてくれてよかったです(;ω;)