やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第36話「変身ボーイ」

f:id:minmi0910:20211025114149p:plain

今日のおはなし

前回からの続きです。
山守正太が自分たちと同じようにバイオ粒子を色濃く受け継いでいるのでは、と調べてみるも、正太からバイオ粒子反応は検出されず。

それでも仲間になりたいと近づく正太でしたが、ジュンはこれ以上危険な目にあわせないよう敢えて突き放しました。

そこへ近づいてきたファラにそそのかされるまま、正太はマグネ強化スーツの実験台にされてしまいます。

スーツを装着し、操られた正太がマグネ戦士としてバイオマンに襲いかかるんですが、デザインが割とかっこいいw 今回限りの登場というのはちょっともったいない気もします( ˘ω˘ )

荒れ狂う正太を見て、自分が突き放したせいだと胸を痛めるジュン。
ジュンの必死の呼びかけで、元に戻りました。マグネ戦士出番短かった。

その後はジュンと正太の2人でアジトを爆破したり、となかなか息の合った様子が見られます。

戦いの後、正太からの烈烈なアピールをかわしていたジュンでしたが、ナレーションによると悪い気はしていなかったそうです。でも、戦士だから恋愛禁止なんですって。

今日のつれづれ

2話にわたってゲストとして登場した山守正太。圧倒的な身体能力の高さを見せつけて、郷さんに「もしやバイオの血を受け継ぐのでは」と思わせるほどでしたが、そういうわけではなかったみたいです。

身体能力が高かったり、動物と意思疎通できたりしたのは、ただ単に正太が野生児だったから……ってことなんでしょうか? 野生児って万能だなぁ……。