やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第34話「見よ! バイオの力」

f:id:minmi0910:20211023083915p:plain

今日のおはなし

スーパーエレクトロンの完成をめざしてバイオスーツの強化をしていたバイオマン。スーツは強化されましたが、爆発が起きピーボが記憶喪失になってしまいました。

故郷へ帰りたい、と嘆いて、風船で宇宙へ向かおうとします。
(無茶しやがって……)

改造されたモンスター&ジュウオウとの戦闘では、バイオマンの5人が強化されたスーツに適応できず、変身ができなくなってしまいました。

激しい攻撃を受けて大ピンチにおちいった5人ですが、体に秘められていたバイオ粒子を身にまとって光り出します。

新たなバイオスーツに同調し、変身。
スーパーエレクトロンも完成し、ジュウオウを撃退するのでした。

いつのまにかピーボの記憶も戻ってひと安心。
(崖から転がり落ちて頭を打ったときに思い出したみたい)

モンスターの操縦するレスラーメガスも、さほど苦戦することなく撃退していました。
バイオスーツへの適応とスーパーエレクトロンの完成がメインのお話だったので、巨大戦はあっさり薄味でした( ˘ω˘ )

今日のつれづれ

今回はモンスターとジュウオウが改造を受けていましたが、ジュウオウは第31話でメタルメガスの攻撃を受けて以来、ネオグラードには戻ってこなかったんですよね。

たまりかねたモンスターが、自らバラバラになったジュウオウのパーツを残らず拾い集めて、ドクターマンに改造してもらうようお願いしていたんです。

部下思いのモンスターに免じて、2体とも改造することにしたドクターマン様。

情にほだされとるやないか。

どれだけ改造を進めても人間味を失わないドクターマン様、好きです。