やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第32話「ギアの大改造作戦」

f:id:minmi0910:20211021143613p:plain

今日のおはなし

ドクターマンの改造により強化されたメイスン・サイゴーンとの戦いが中心となる回。サイゴーンは、無人の自動車を操って襲ってきます。

幽霊自動車が現れると聞いてパトロールをしていたジュンは、少女・舞子にけがをさせてしまいました。舞子を連れて病院へと向かう途中敵に襲われますが、舞子は痛むはずの脚で勢いよく走り出します。驚くジュンでしたが、それにはちゃんと理由がありました。

敵側の強化が描かれる一方で、ジュンと少女の交流にもほっこりするお話です。

今日のつれづれ

まず、ネオグラードにサイゴーンとメッツラーが戻ってくるところから始まります。前回メタルメガスの容赦ない攻撃を受けたので、ぼろぼろです。

モンスターは、自分の相棒ジュウオウの身を案じてたまらず探しに行ったようです。

そんなこんなで、ドクターマンから改造を受けるメイスンとサイゴーン。メイスンはミサイルとか撃てる体になっていました。サイゴーンも顔の印象がだいぶ変わったような。

* * *

バレエを習っている少女・舞子にけがをさせてしまったジュンは、母親にぼろくそに言われながらも責任を感じて自ら大きな病院へと運ぶことを引き受けました(幽霊自動車騒ぎで救急車が動かないんだとか)。
自分も小さい頃はバレエを習っていた、とここで初出し情報です。

実は、舞子はバレエをやめたくて、本当はかすり傷だけなのに脚が痛い痛いと騒いでいたのでした。ふりまわされて危険な目にあっているものの、ちゃんと謝った舞子を許すジュンはさすがです。私多分ぶちキレちゃうな~……。

許すだけでなく、自分も同じところでつまづいたけど、たくさん練習すればできるようになるよ、と舞子を励ますジュン。やっさしい……!!

サイゴーンやアックスメガスを撃退した後には、舞子のために自らお手本として舞って見せていました。
ジュン役の田中澄子さんの特技の1つがクラシックバレエだということで生まれた設定なんでしょうか?
バレリーナ姿のジュンが普段の印象とはまた違って素敵でした~!