やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第21話「守れバイオベース」

f:id:minmi0910:20211009075820p:plain

第21話です。

本日のあらすじ

写した人間を自在に操れる催眠カメラに撮影されてしまったひかる。うつろな表情でモンスターたちの言いなりとなり、バイオベースまで案内しようとします。必死で止めようとするジュンでしたが、催眠状態のひかるには声は届きません。

バイオベースを守るため、ジュンの放った矢がひかるの胸に命中。そこで初めて、ひかるが催眠カメラで操られていたことが明らかになるのでした。

すると、射られて倒れていたひかるが目をさまし、それまでのジュンの言動は芝居だったことが明かされます。胸に刺さったように見えた矢の先は吸盤で、はりついていただけだったんですね~。

様子を見ていた男性陣も合流し、モンスターたちやカメラカンスを撃退するのでした。

本日の感想

というわけで、今回はジュンがメイン寄りのダブルヒロイン回、といったところでしょうか。ひかるを正気に戻すために体をはるジュンがかっこよかったですー!

ひかるをどうするかで男性陣がもめたりいさめたりする中、「ひかるは裏切ったのよ!」と一蹴しちゃうんです(後に演技だったとわかるのですが)。本気で射抜いちゃったんじゃないかと思うくらい真に迫っていました。ジュンちゃん目が本気すぎるんだもの。

何にせよ、意見がまとまりそうもない中で1人ずばっと方向性を決めて進んでいけるのは強い。私もかくありたいものよ……。

戦いの後、「私に矢を!?」「ごめーん!!」ぐらいの明るいノリで話すひかるとジュンのシーンがあるのも、ギャップにほくほくできて良いです~!
バイオマン、戦う宿命を背負った若者たちだけど普段のノリは明るくて良き……( ˘ω˘ )

ゴレンジャーから順に観てきましたが、時代が進むにつれヒーロー像が絶対的な、孤高の存在から身近で親しみやすいお兄さん・お姉さんへと変化していくのがおもしろいです。まぁでも、バトルフィーバーの時点でパチンコとかしてたっけ