やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

超電子バイオマン 第15話「女戦士炎のちかい」

f:id:minmi0910:20211003080122p:plain

第15話です。
サブタイトルにあるように、ジュンとひかるの関係がフィーチャーされたお話です。ダブルヒロインはバイオマンが初なので、スーパー戦隊シリーズ初のダブルヒロイン回ってことですね~!

みどころその1:ナースなひかる

新帝国ギアの開発した「デビル菌」のせいで高熱に倒れる子供が続出したため、状況を探っていたバイオマン。ヒロイン二人は病院に潜入していたようで、ナーススタイルです。ジュンはすぐに脱ぎ捨ててしまったのでその姿はほとんど見られませんでしたが、ひかるはまさに「白衣の天使」って感じで美しかったです……! 私5分に1回くらい「ひかる美しい」って言ってる気がする。

みどころその2:ヒロイン二人の会話シーン

病院に潜んでいたメカクローンを自分のせいで取り逃がしてしまったと気に病むひかる。逃げるところを止めるどころか、とっさに動けず突き飛ばされてしまっていましたね。
ジュンに理由を聞かれ、重い病気にかかった子供のころ献身的に支えてくれた看護婦さんのことを思い出して動けなくなってしまった、と自分の過去をぽつりぽつりと話します。

ジュンは、厳しい表情のままひかるに「私、そんなの嫌いよ」とばっさり。
そこだけ切り取ると冷たく聞こえるかもしれませんが、その後に「大切な思い出を汚されたっていうのに、こんなところでうじうじしてるなんて大っ嫌い!」と続くのです。

少々きつめな言い方だけど、ひかるのことを思って言っているんだろうなーって伝わります。

みどころその3:がんばるひかる

バイオ星の植物がデビル菌に効くことがわかり、似た成分を持つ植物をひかるが探すことに。デビル菌に侵され人も動物もダウンしているはずの立入禁止区域から鳥のさえずりが聞こえてきたことで、この中にヒントがあるとガードを突破して潜入します。この時点で「ひかる、がんばったねぇぇぇ(;ω;)」ってぐっとくるんですが(普段の彼女なら警備員に立入禁止って言われたらおとなしく引き返しちゃいそうなので)、デビル菌に侵されふらふらになりながら目当ての植物を見つけ出したひかるのがんばりに半泣きです。

初変身時には敵から逃げていたり、ミカにいつもかばわれていると悩んだり、戦いから一番縁遠かったひかるだからこそ、一番伸びしろがあるんじゃないかって思います! 好き!!

その後、戦場に主題歌のフレーズをフルートで吹きながら登場するひかるも画的に強いのでぜひご覧ください。なかなかいないっすよ、フルートを手にしながら変身するヒロイン……。フルートどうするんだろう、と思ったら変身後もちゃんと手に持ってた。

みどころその4:ヒロイン二人仲直り

別にけんかしてたわけじゃないんですけどね。
きつい言葉を言ってしまったことを謝るジュン。ひかるに元気出してほしかったんだよね、大丈夫だよ、ひかるも視聴者もわかってるよ(;ω;)
ひかるに対して面と向かって素直に謝罪ができるジュンがえらい子で、また「好き……」ってなりました!!