やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

バトルフィーバーJ 第41話「爆破寸前の大逆転」

第41話です。

強盗事件に巻き込まれ人質となったマサルは、金太郎と名乗るカラクリ人形に助けられ仲良くなります。正夫や誠など一部のメンバーが訝しんでいた通り、実はエゴスのカラクリ怪人なのですが(そもそも冒頭の強盗事件も仕組まれていたもの)、その正体を隠しながらマサルとの友情を深めていきました。

ビッグベイザーへの潜入に成功した後に正体を明かし自爆を試みますが、そこへマサルが到着。マサルの口から出た「ともだち」という言葉に揺さぶられ、爆破装置が壊れたようです(どういうシステムだったんだろう…)。

自爆はできなくなったがバトルフィーバーとの決着はつけねばならない、と基地の外へと場所を移すカラクリ怪人はとても律義でいいやつだと思います。
カラクリ怪人が倒された後も、静かに金太郎への想いを語るマサルが本当にいい子で、ベタな展開とはいえ泣かせるお話でした…。