やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

バトルフィーバーJ 第31話「激走トラック兄妹」

第31話です。

謙作の友人で、トラック運転手の岩田鉄男と妹の幸子が登場。仕事を投げ出し喧嘩ばかりの荒れた生活を送る兄を案じる幸子に、謙作も心を痛めているようです。

そんな折、大量の金塊を輸送する仕事を受けたバトルフィーバーは、謙作の提案で鉄男の手を借りることを決めました。

* * *

金塊の輸送とあって、当然のごとくエゴスの襲撃を受ける一同。トラックを奪われた上に荷台の鍵を持っていたことで追われる身となった鉄男は、逃げ回ることに嫌気がさし鍵を川へと捨ててしまいます。

憔悴した鉄男に追いうちをかけるように、幸子がさらわれてしまいました。指定の時間に鍵を持ってこないと妹の命がないと脅され、皆で鍵を探し、救出を目指します。

幸子の命が脅かされたことで、鉄男の言動も徐々に変化していきました。ラストで兄妹が仲良く笑うシーンでは、すっかり頼れる兄の顔になったようです。

「荒療治すぎでしょ」とか「とはいえ、人はそんな簡単には変われないよね」など突っ込む声も上がりそうですが、このところ思うところあった私は「人はいつからでも変われるのだなぁ…」と感じ入ってしまいました。

* * *

最後に怪人について。今回のゼニゲバ怪人は、自称エゴスの集金人。頭部はがま口、胴体に¥マークが描かれ、コインたくさんくっついたデザインも強烈ですが、ペンタフォースで倒される際の「弟よ、俺の遺産を相続してくれー!!」というセリフが最高でした。

前回のヘンショク怪人も印象的でしたが、やはりキャラの立った怪人はスーパー戦隊シリーズには欠かせない存在です✨