やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

バトルフィーバーJ 第24話「涙! ダイアン倒る」

第24話です。

ダイアンの妹・キャサリンが来日。久々の再会に心躍らせたのも束の間、護衛役の汀マリアの隙をつきエゴスがキャサリンを誘拐していきました。

キャサリンをさらったのはドラキュラ怪人。ミスアメリカの正体がダイアンであることを見抜き、妹を狙ったのでした。

何とかキャサリンを救出したものの、その際に深手を負い戦うことができなくなってしまったダイアン。バトルフィーバーが5人揃わないと、必殺技ペンタフォースが出せません。そこで、ミスアメリカのバトルスーツをマリアへと託します(バトルシーバーからスーツが射出される貴重な描写が見られました)。

戦いの後、ダイアンの傷は癒えたようですが、エゴスに正体が知られてしまったためアメリカへと帰国することに。涙のお別れです。でも、お父さんが亡くなって以来妹さんも寂しかったでしょうから、お姉さんと一緒に暮らせるのは幸せかもしれません。

* * *

というわけで、2代目ミスアメリカ・汀マリアの登場回です。

初期の戦隊ではメインキャラクターの交代劇がちょくちょく見られますね。演じられる俳優さんの都合が関係していることがほとんどかと思いますが、それでもストーリー上で涙のお別れシーンがあると寂しいものです。

ダイアンは本当にとってもとっても美人さんでした。マリアは、ダイアンとはまた違った魅力のあるヒロインだと思います。お人形さんのようだったダイアンに対して、マリアははつらつとした親しみやすい美人さんですね。これからのお話を観るのが楽しみです🥰

ときに、マリア(萩 奈穂美さん)を見るたび「佃井皆美ちゃんに似ているなぁ……」と思うのは私だけでしょうか……🤔