やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

バトルフィーバーJ 第4話「超魔力の罠だ!」

第4話です。

国防省の秘密兵器の情報を探るエゴスに、瀬川参謀が拉致されました。実はエゴスの一員である超能力者・ベンガルの虎が、瀬川の記憶から情報を念写を試みるも、何も知らないことが明らかになり始末されてしまいます。なんてことだ……。

謙作とともにベンガルの虎と接触していたケイコが、バトルフィーバーの一員であることを勘づかれ、情報を念写され奪われてしまいました。が、ベンガルの虎の前にバトルフィーバーが立ちはだかり、怪人態のネンリキ怪人を撃破。情報は守られました。

国防省時代の上司を殺され怒りに燃える謙作がメインと思いきや、出番が多いのはケイコでした。私生活の様子も垣間見えて、とにかく可愛い。

でも、夜中に目覚めたところにベンガルの虎がいたら相当の恐怖だったでしょうね……。いくら連絡員とはいえ、その後のメンタルのフォローをしっかりしてあげてほしい、と切に願ってしまう心配性な私です。