やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

大戦隊ゴーグルファイブ 第13話「大暴れ地底ナマズ」

第13話です。

ナマズモズーによる地震で東京を壊滅させようというデスダークの動きを察知し、山岳地帯の調査に向かったゴーグルファイブ。そこで黄島は、幼いころに生き別れた父・壮一と出会います。

父であることを隠す壮一に、黄島さんが父親に会えたらひとこと言ってやりたいんだと心情を吐露するシーンが涙を誘う胸熱ポイントです。母子2人、なにかと苦労が多かったことをうかがわせます……。

未来科学研究所の調べで壮一が実の父親だとわかりますが、彼はかつて本郷博士がデスダークについて調べはじめたころの協力者だったんだとか。

本編では語られていなかったけど、壮一が家族のもとを去ったのは山師として金を探し求めていただけではなく、本郷博士に協力するためという事情もあったのかな?

そんなこんなで、互いに親子だと知りながらもあえて名乗り合わずに別れた2人なのでした。
遠巻きに眺めながら、デスダークとの戦いが終わるまでは親も子もない、とつぶやく赤間さん。突然のハードボイルド発言にびっくりしましたが、厳しい戦いに臨む戦士たるもの、そういう感じらしいです。

いつもほんわかしたムードメーカー的な黄島さんの哀しい過去がかいま見えるエピソードでした。