やっぱり戦隊が好き

スーパー戦隊シリーズを毎日1話観て感想をつづるブログです。

大戦隊ゴーグルファイブ 第10話「珍種ポマトの秘密」

第10話です。

黒田さんメイン回で、後のダイナレッドやバトルフィーバーのマサルくんがゲスト出演していました~。
そして、挿入歌が2曲も流れた回でもありますー!!

黒田の友人・小沼がトマトとジャガイモが同時に実るポマトという植物をつくりだしました。が、どうもそこにはデスダークの装置が使われていたようです……。
この小沼役が、後のダイナレッド・沖田さとしさん。この当時は旧芸名だったようです。そして小沼の弟役がバトルフィーバーのマサルくん。

珍しい植物をつくり出し名声を得ようとする小沼ですが、それらはデスダークの細胞融合装置を使ってつくったものでした。その装置で人喰いツタをつくろうと企んでいたデスダークが、ネズミモズーを送りこみ装置の奪還を狙います。
装置を勝手に使った小沼も大概だけど、そもそも装置を落としたザゾリヤ博士が悪いと思うんだ!あんな大きさの装置、落としたら気づこう……?

ネズミモズーとの戦闘では『フラッシュ! ゴーグルⅤ』が、巨大戦では『出撃! ゴーグルロボ』が流れました~!!どちらもMoJoさんのボーカルが熱くてたまらんのです!!これまで挿入歌が流れず寂しい思いをしていましたが、一気に2曲も流れてテンション爆上がりです!!

……黒田さんメイン回に対する感想はどこいった?

そうそう、これまで巨大戦で出番のなかったブラックとピンクが、ゴーグルシーザーで援護するという貴重な場面があってちょっとうれしかったです~。